2019年3月21日(木)【タウンニュースに掲載】人と地域の未来のために

  • 2019.03.21 Thursday
  • 09:20

20190321.jpg

 

【3月21日付タウンニュースに掲載】

 

人と地域の未来のために

 

体育館への空調設置へ


公明党横浜市会議員団は昨年12月、市長と教育長に対し、図書室などの特別教室への

エアコン設置を急ぐとともに、避難場所として利用される体育館への設置検討を早急に

進めるよう強く要望しました。

 

 その結果、31年度予算で、市立学校体育館への空調設備設置の検討が示されました。

建替え予定の学校体育館への設置は、実施設計を行う3校から検討し、既存体育館への

設置も性能や効果を検証し、市立小中学校488校の中から複数のモデル設置校を選ぶ

作業が進められます。

この他、災害時の拠点となる学校施設への夜間照明の検討も進められます。

 

通院助成が中3まで拡大

 

 4月から小児医療費通院助成の対象年齢がこれまでの「小学6年生まで」から目標と

していた「中学3年生まで」に拡大されます。
 新たに対象となる中学1年から3年生は、小学4年から6年生と同様に現行の3割負担

から通院負担の上限額500円までとし、500円を超える額が助成されます。

なお、院外薬局(薬代)及び市民税非課税世帯は、全額助成になります。
 今後は「全世代型社会保障」の構築に向けて、所得制限の撤廃、そして18歳までの

助成拡大に努めていきます。

 

私道の整備助成要件が緩和へ

 

 地域で公道と同じように使われている私道について、舗装の補修工事等を行う場合に、

費用の一部を市が助成するのが「私道整備助成制度」です。
 これまで同制度の申請には、所有者全員の承認が必要でした。そのため複数人所有の

私道の場合、工事をしたくても全員の所在が把握できなければ申請ができず、結果として

手つかずになってしまうケースがありました。これでは生活環境整備の面からも好ましく

ありません。
 私は平成30年1月に国が示した「所有者不明私道対応ガイドライン」を踏まえ、

昨年2月から要件緩和を求めてきました。

その結果、31年4月から一部緩和されます。

 

多くの主張が予算化
 
31年度予算で、私たちが求めてきた事業の多くが実現していくことになりました。

一例をあげれば再犯防止推進計画策定事業、防災スピーカー増設、新たな介護人材の確保、

認知症の早期発見があります。何を重点と位置づけ、市の課題をどう解決するのか―。

これには確かな将来ビジョンに加え、「人と地域を生かす」視点が求められます。

引き続き、現場第一主義で力を注いで参ります。

 

JUGEMテーマ:横浜

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM