2020年7月30日(木)【タウンニュースに掲載】コロナ感染症対策で187億円の補正予算実現

  • 2020.07.30 Thursday
  • 13:23

 

2020年7月30日(木)【タウンニュースに掲載】

 

【市会報告】コロナ感染症対策で

187億円の補正予算実現
横浜市会議員 げんなみ正保

 

 新市庁舎移転後初の定例会最終日の本会議(7月7日)で、「新型コロナウイルス感染症対策

の強化」と「経済再生の実現」の両立に向けた約187億円の第二次補正予算が全会一致で成立

しました。

 具体的にはPCR検査体制の充実や避難所での感染症対策強化、中小企業の「新しい生活様式」

対応の助成金拡充などが盛り込まれています。

 これは国の第2次補正予算を受けたものですが、一次補正の時から私も相談を受けた多くの個人

や小規模事業者の皆様に説明をしてまいりました。公明党の真骨頂である地方議員と国会議員の

ネットワーク力で地方の声を国政に反映し、それを地方で展開していく好循環を生むよう更に力を

注いでいきます。

 

来年4月からデリバリー型の中学校給食がスタートへ!

 

 今定例会の中で「中学校給食の実現」について、「ハマ弁を令和3年度から学校給食法上の給食

に位置付け、選択制の『デリバリー型給食』を実施する」という方針が示されました。

 学校給食法上の「給食」として位置付けることで、実施主体が横浜市となり、責任の所在が明確

になります。

 具体的には、献立作成や食材調達の規格策定、衛生管理などを横浜市が直接行うので、国産比率

向上・地産地消など多彩なメニューを実現でき、今まで以上に安全・安心で質の高い昼食を提供で

きます。

 さらに保護者の負担額の見直しも検討。「横浜型中学校給食」は生徒・保護者の皆さまに大きな

メリットがあると確信します。

 公明党市会議員団は、学校給食法に位置付けられた、選択制のデリバリー方式による「横浜型

給食」の実施を訴えてきました。

 横浜市の計画では9月に事業者を決定し、21年4月に開始できるよう、約半年間で給食化に向け

た準備を進めます。公明党市議団として、より良い「横浜型中学校給食」が提供できるよう、力強

く推進して参ります!

 

JUGEMテーマ:公明党

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM